地元商店街の声援受け、コロナクラスター店「クレッセント」営業再開

7月に新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、休業していた熱海市田原本町のカラオケ・ラウンジ「クレッセント」が11月2日から入店人数を半分に制限するなどの予防策を改めて施して営業を再開する。

「今回の件では、大好きな熱海にご迷惑をかけてしまい、閉店を覚悟していた。思い悩み、一時は命を断つことも考えたが、地域の方々や同業者の温かい励ましの声を多数いただき、再開させていただくことに…。今後はさらに精進を重ね、気を引き締めて臨みます」。店主で歌手の立樹みかさんが、この3カ月半をこう振り返るように、閉店を思い止まらせたのは、熱海駅前の地元商店街やカラオケを有する市内飲食店、全国のファンなどのメールや電話による激励だった。
全国的にはクラスター発生店に対し、SNS(会員制交流サイト)などネット上の誹謗(ひぼう)中傷が少なくないが、同店に対しては「明けない夜はない、店を閉めないで」「ここで負け(閉店)たら、カラオケを有するスナック飲食店が立ち行かなくなる」といった書き込みや意見がほとんど。その温かい声援が再開をためらう立樹さんの背中を押した。

クラスターと判断され、店名を公表したのは7月17日。政府の非常事態宣言が解除され、熱海に活気が戻ってきた時期。全国から観光客が訪れる熱海の場合、一見客も多い。感染症対策には十分に力を注いでいたが、常連客と混じって話をしたり、カラオケを楽しむ中に感染者が…。これは市内の多くのカラオケ飲食店が共有するリスクだが、結果としてクラスターが起き、11人の感染者を出してしまったことで自身を責めた。
立樹さんによれば、11日に客の1人に陽性反応があったとの情報があり、12日から自主的に閉店。自身とスタッフは無症状だったものの、13日に自ら求めてPCRを受検し、陽性が確認され、そのまま入院した。その後も症状はなく1週間ほどで退院、現在も症状はない。
しかし、連日メディアで全国的に感染拡大が報じられ、熱海の人たちやカラオケを備えた飲食店などへの影響を考えると、顔向けできないという自責の念にかられた。気丈な演歌歌手も自宅にこもり、腑抜け状態に陥った。
人口に対する飲食店の比率が日本一といわれる熱海市の場合、常連客の多くが、市内の他のカラオケ飲食店も合わせて利用している。
再開にあたり、その主だった店に足を運び、痛罵(つうば)を覚悟しあいさつして回ったが、「一緒に信頼を取り戻しましょう」と逆に激励を受けた。「これだけご迷惑をかけたのに、熱海の人は本当に心が豊かで温かい」と涙がこみ上げた。

営業再開は11月2日午後7時から。熱海保健所の助言を受け、静岡県の行動指針と外食業のガイドラインに沿って、従業員と利用者が対面する場所に透明な仕切りを設けたり、最大限に換気ができるエアコンに設置し直すなどの対策を徹底させている。ぽっかりと穴が空いていた田原本町の一角に再びにぎわいの明かりが灯る。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■立樹みかさん「今回の件では、感染された方をはじめ、お客様、地域の皆様、ファンの皆様に多大なご迷惑、ご心配、お騒がせを致し、心より深くお詫び申し上げます。感染予防策を講じていた中での事態に驚愕し、立ち直りに時間がかかった。当初は閉店の方向でおりましたが、再開を望むお声を多数いただき、大変悩みましたが、さらなる感染防止策を施し、心機一転、再開させていただくことにした。今後は更に精進を重ね、気を引き締めて参る所存です」

【クレッセントの新たな感染防止策】
●非接触型高速検温機&手指消毒一体型噴射機設置
●24時間給気換気搭載エアコン設置
●カウンター、ステージ、フロア席各所に飛沫防止のロールスクリーン設置
●ツインストリーマ搭載空気清浄機2基、換気扇4基を稼働
●洗面所、客席各所にアルコール消毒液設置
●マイクカバーの取り付け、マイク分解洗浄 
●従業員マスク着用
●入店人数の制限(当面はご了承ください)

関連記事

コメント

    • え-ちゃん
    • 2020年 10月 29日

    再開を本当に待ち望んでいました。クレッセントは、大変綺麗で清潔なお店でしたのでコロナ発生は思いがけなく大変びっくりしました。また、どこのお店以上に消毒·ソ-シヤルディスタンスを取る等対策をされていましたから、お店の責任とは責められものでは有りません。再開は一ファンとして喜びに耐えません。

    • パイ
    • 2020年 10月 31日

    光加さん
    再営業まで大変でしたね。
    おめでとうございます。
    東京からなのでお祝いに駆けつけるにはなかなか難しいですが、
    また再開できる日を楽しみにしております。
    パイ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る