ハロウィーンの夜 熱海の空に46年ぶりの満月 しかも「ブルームーン」

ハロウィンの夜となった昨日10月31日、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、熱海市でも各種イベントが自粛された。代わって注目を集めたのが月の天体ショー。46年ぶりにハロウィンと満月が重なり(次回は38年後)、それも今回はひと月に満月が2度現れる「ブルームーン」となった。月の満ち欠けは、平均すると29・5日のサイクル。満月は基本的にひと月に1回だが、月の初めに満月となれば、月末に再び満月になる。今月は2日が満月だった。日本でのブルームーンは2018年3月以来で、約2年半ぶり
また、月は地球の周りを公転し、軌道が楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではなく、この夜の満月は「2020年で、最も小さく見える満月」。マイクロムーンと呼ばれ、レア満月だ。記録尽くめの満月を熱海ネット新聞は写真に収めた。月の右下にオレンジ色に輝くのは火星。ただ今、地球に接近中ー。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る