熱海出身のルーキー鈴木芽吹、3区で激走 駒大の全日本大学駅伝優勝に貢献

全日本大学駅伝が11月1日、名古屋市熱田神宮西門前~三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前の8区間106・8キロで行われ、駒沢大が5時間11分8秒で6年ぶり13度目の優勝を果たした。23秒差で東海大が2位。3位で明大が続いた。
スタート前、当日変更が行われ、駒大・大八木弘明監督は3区(11・9㎞)にスーパールーキー鈴木芽吹(熱海市出身、1年、泉小中学校ー長野・佐久長聖)、7区に小林歩(4年、関大北陽)、アンカーに前回大会で7区・区間賞の田澤廉(2年、青森山田)を投入し、メンバーを差し替えた。9位でたすきを受けた鈴木は、区間5位(出場25大学)の34分7秒で激走して順位を1つ上げ、駒大の優勝に貢献した。
今季はコロナ禍で出雲駅伝が中止となり、今大会が「大学3大駅伝」の開幕戦。日本インカレ5000mで3位になった鈴木は正月の箱根駅伝にも出場が期待されている。この先4年間、熱海に大学駅伝ブームが続くー。
(熱海ネット新聞)
写真は「静岡朝日テレビ」より

全日本大学駅伝結果…https://daigaku-ekiden.com/file/2020result.pdf

鈴木芽吹(駒大スポーツより)


■駒沢大学の各区間走者(当日変更)
1区 加藤淳(4年、西脇工)
2区 花尾恭輔(1年、鎮西学院)
3区 石川拓慎(3年、拓大紅陵)→鈴木芽吹(1年、佐久長聖)
4区 伊東颯汰(4年、大分東明)
5区 酒井亮太(2年、西脇工)
6区 山野力(2年、宇部鴻
7区 唐澤拓海(1年、花咲徳栄)→小林歩(4年、関大北陽)
8区 佃康平(3年、市船橋)→田澤廉(2年、青森山田)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る