新弟子前相撲の武井、熱海富士の四股名で白星デビュー 一番出世に王手

大相撲11月場所3日目の11月10日、新弟子検査に合格した5人らによる前相撲が始まり、熱海市出身で飛龍高相撲部(沼津市)の熱海富士(武井朔太郎、伊勢ケ浜部屋)が寄り切りで圧勝し、白星デビューを飾った。2勝すれば翌場所に序ノ口に上がる資格を得る。
大相撲の番付表には、横綱を筆頭に600人以上の力士の四股名が載っているが、序ノ口以上に限られる。熱海富士も来場所の番付表から四股名が載り、取り組みなどで「熱海市出身」が紹介される。

四股名が熱海富士に決まった武井は、飛龍高1年時からレギュラーで活躍。昨年のインターハイや国体、高知での選抜選手権に出場し、今年のインターハイでは個人および団体の優勝候補に期待されていた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、本年度の全国大会は中止となり、この土俵が約1年ぶりの公式戦だった。
所属する伊勢ケ浜部屋は、横綱旭富士が親方で横綱日馬富士、大関照ノ富士らを輩出。四股名の接尾辞に「富士」の付く力士が多い。
(熱海ネット新聞)
■熱海富士(本名・武井朔太郎=たけい・さくたろう)2002年(平14)9月3日、千葉県生まれ。小学2年で熱海市に移り、熱海二小に転校。小学6年で三島市の三島相撲クラブ入り。熱海中に進み、3年生の17年に全国中学校選手権個人5位。飛龍高では1年時からレギュラー。185センチ、170キロ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る