建築は死後の昭和前期、市教委が訂正して謝罪 旧井上侯爵家熱海別邸

熱海市教育委員会は11月11日、10月22日に一般公開した同市泉の国登録文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」(令和元年9月登録)の説明に間違いがあったとして訂正し、謝罪した。報道資料等には伝聞に基づき、「明治時代の元勲、井上馨(天保6年~大正4年)の別荘として建築された」と記していたが、国登録文化財の公式資料で、井上馨が存命中の建物でないことが分かった。建築年代は井上馨の死去後の「昭和前期」という。
建物は伝聞に基づき、明治後期に建てた「旧井上馨別邸の宿」として営業している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る