「第3波」熱海市にも 高齢でない成人、コロナ感染 感染経路は不明

静岡県は11月20日、熱海市に住む高齢でない成人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内で新たなコロナ感染が確認されたのは10月14日以来で市内44例目。性別と職業は公表を望んでいない。同居家族はいる。
この人(県1066例目)は11月16日の勤務後、熱感と倦怠感があり(発症日)、17日に自家用車で医療機関Aを受信した。倦怠感が続いたため、19日に医療機関Bを受診。抗原定性検査およびPCR検査を受けた結果、陽性が判明し、県東部の医療機関に入院した。現在も倦怠感がある。
感染経路は調査中。今後、保健所が特定した濃厚接触者にPCRを実施する。
第3波が全国で猛威を振るい、20日の国内の新型コロナウイルスの感染者は新たに2428人確認(東京522人)。19日の2386人を上回り、3日連続で過去最多を更新した。GoToトラベルと3連休で熱海市内は首都圏などから観光客が大幅に増えており、県と熱海市は改めて基本的な感染対策を徹底するよう呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

■市内44例目の高齢でない成人
年代=高齢でない成人(20~64歳)
性別=公表を望まない
居住地=熱海市
職業=公表を望まない
同居家族=あり
【主な症状経過及び行動歴】
発症前14日間に県外への移動なし。外出時・勤務時はマスク着用 自家用車で通勤
11月14日=自宅で過ごす
11月15日=勤務。知人と会食
11月16日(発症日)=勤務。夜、熱感、倦怠感
11月17日=自宅で過ごす。解熱。倦怠感持続するため、自家用車で医療機関Aを受診(濃厚接触者なし)
11月18日=自宅で過ごす
11月19日=自宅で過ごす。倦怠感残るため医療機関Bを受診(濃厚接触者なし)。抗原定性検査及びPCR検査実施し陽性判明 。県東部の医療機関へ入院

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る