熱海市、高齢者や基礎疾患者を対象にPCR検査助成 自己負担は5千円

熱海市は、新型コロナウイルスの重症化リスクが高い65歳以上の高齢者(1万7345人=8月末現在)と糖尿病や高血圧などの基礎疾患のある市民を対象に、PCR検査の費用を助成する。
本人の希望による任意で検査を受ける場合、自己負担5千円を除いた費用(上限2万円)を市が負担する。期間は来年2月までで助成は1人につき1回限り。検査は市内2病院と13クリニックが受託する予定。11月25日に開会する市議会11月定例会に提案する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  2. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
  3. 2021-3-5

    【お悔やみ】田中秀雄さん(熱海市初島)3月3日死去

    田中秀雄さん(たなか・ひでお)3月3日死去、96歳。熱海市初島187。出棺5日午前10時10分、J…
  4. 2021-3-4

    三菱地所、熱海にワーケーションオフィス開業 ホテルニューアカオと業務提携

    三菱地所は3月4日、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」を5月に開業すると…
ページ上部へ戻る