南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女王」と称された人気推理作家の夏樹静子さん(2016年死去)の書籍を収蔵した「夏樹・平木文庫」を開設する。当日は午前11時半から病院前の花壇にソメイヨシなどを記念植樹し、午前12時から大成館で夏樹さんの主治医だった平木英夫さんが「夏樹静子さんとの思い出」と題して記念公演を行う。

夏樹静子さん

夏樹さんは、熱海にゆかりが深く、1943年に熱海市東山に転居。静岡県榛原郡川根町笹間(現在の島田市)に疎開した後、熱海第一小、熱海中学に進学。日本女子大附属高を経て慶應大学文学部を卒業した。
同病院(当時は南熱海温泉病院)には、1996年1月に慢性の腰痛治療のため入院。心療内科医で副院長だった平木医師に治療と指導を受け、2カ月ほどで快癒した。当時の入院生活は「腰痛漂流記 椅子がこわい 第7章 海の見える寝室」に詳しく著されている。
同文庫には、夏樹さんの代表作「蒸発」「Wの悲劇」など約100冊と平木医師の著書10冊が収蔵される。コロナ感染拡大防止のため、貸し出しは、収束するまで入院患者など病院関係者に限定する。講演も人数を制限し、関係者だけで行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る