熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大会(全9回)がスタートした。熱海市が、新しいスタイルの花火大会を核とした夜のにぎわい創出を目指して企画した。
新型コロナウイルス感染防止のため、時間を午後8時半から10分間(1500発)に凝縮し、広島県宮島(厳島神社の沖合)や箱根・芦ノ湖(神奈川県)の花火大会で評判の水中花火を初めて取り入れた。
「水中花火」は水上の船などで点火した花火を、水中に向かって打ち込み水の中で爆発させる。花火には燃焼材が入っているため水中でも消えず、比較的浅瀬で爆発して水面で半円状に開く。今回の熱海海上花火大会では、プログラムの中盤でナナハン岸壁から打ち込み、海釣り施設の堤防から打ち上げた花火とコラボさせた。ヨットハーバーを背景に水中からにょっきりと現れる幻想的な仕掛け花火に見物客から拍手が起きた。
この水中花火は、1月29日の熱海湾の小規模花火大会でも取り入れる。
12月23日〜25日の熱海湾の小規模花火は5分間で実施。音楽に合わせ、クリスマスをイメージした赤や緑のカラフルな花火を600発打ち上げる。
(熱海ネット新聞)
観衆=3000人(熱海市発表)

熱海市の小規模花火日程
①11月27日 熱海湾(午後8時半〜10分間)
②12月23日 熱海湾(午後8時半〜5分間)
③12月24日 熱海湾(午後8時半〜5分間)
④12月25日 熱海湾(午後8時半〜5分間)
⑤ 12月26日 泉公園(午後8時15分〜15分間)
⑥ 1月23日 伊豆山海岸(午後8時〜15分間)
⑦ 1月29日 熱海湾(午後8時半〜10分間)
⑧ 2月21日 網代湾(午後8時半〜5分間)
⑨ 2月28日 多賀湾(午後8時半〜5分間)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る