熱海・小山毘沙門堂で年に1度のご開帳 運慶作「毘沙門天王像」

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で1月3日早朝、大祭があり、堂内に祀られている「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1度、小山毘沙門堂大祭が開かれる1月3日午前5時半から同6時半までの1時間だけ。
富西寺の小野歓芳住職による読経とともに御簾(みす)が上げられと、甲冑に身を固め右手に戟(げき)、左手に宝塔を持つ立像が現れ、奉賛会役員や参詣者たちは手を合わせ、健康長寿、商売繁盛などを祈願した。
(熱海ネット新聞)
■小山毘沙門堂 網代の漁師たちの大漁祈願の神として貞享2年(1685年)に再建。日蓮宗三島本覚寺の末寺最栄山富西寺に属し、信者たちが細々と管理してきたが、昭和50年(1975年)に小山町毘沙門堂奉賛会が発足。以後、地元の小山町内会とともに組織的に運営している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る