政府の緊急事態宣言発令を受けて齋藤栄市長がコメント 熱海市

熱海市の齋藤栄市長は1月8日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の「緊急事態宣言」発令を受けてコメントを発表した。

国は、1月7日、首都圏を中心とした急激な感染拡大を受けて、東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県の1都3県に「緊急事態宣言」を発令しました。期間は1月8日から2月7日までと発表されています。
本市は、現時点においては「緊急事態宣言」の対象地域ではありませんが、市民の感染者も増加傾向でありますので油断できない状況です。また、緊急事態宣言の対象地域と隣接していること からも、今後の感染拡大と地域経済に与える影響は、大きいものであると危惧しております。
このような中、市民の皆様とともに、一丸となって、なお一層の感染防止対策と社会経済活動と の両立を図っていくことが必要であると考えています。
市民の皆様におかれましては、社会や医療を守るため、「マスクの着用」、「手洗いなど手 指衛生」、「人と人との距離の確保」、「適切な換気の実施」や「3つの密(密閉、密集、密 接)」の回避など、一人ひとりの感染防止対策を徹底し、緊急事態宣言対象地域の東京都、 神奈川県、埼玉県、千葉県への不要不急の移動を自粛していただくことをお願いします。
また、感染リスクが高まる「5つの場面(1飲食を伴う懇親会等、2大人数や長時間に及ぶ飲食、3マスクなしでの会話、4狭い空間での共同生活、5仕事から休憩室、喫煙所、更 衣室等への居場所の切り替わり)」についてご注意をお願いします。
なお、発熱等の症状のある方は、かかりつけ医、または、発熱等受診相談センター(050 -5371-0561)にご相談ください。
市内事業者の皆様におかれましては、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、静岡県から協力要請のあった1テーブル4人以下での配席等の「感染しない」「感染させない」対策の 徹底をお願いします。また、対策に必要な消耗品や資材等を整備される際には、本市の「感 染予防対策助成金」をご活用ください。
静岡県は、緊急事態宣言の対象地域である東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の皆様の訪 問回避を、その他の道府県の皆様には、訪問については特に慎重な行動などを呼びかけています。 本市にお越しになる際には、感染防止対策にご理解とご協力をお願いします。また、体調がすぐれない場合は来訪を控えていただき、過去2週間以内に感染リスクが高い状況下にあ った方などは、来訪につきまして今一度慎重にご検討いただきますようお願いします。
こうした状況の中で、医療・介護現場で自らも感染するリスクを抱え、強い使命感のもと 昼夜を問わず、治療やケアが必要な方を支え続けている皆様に、心から感謝申し上げます。
現在の状況を克服し、新型コロナウイルスと共存するためには、オール熱海での取組みが重要です。皆様のご理解とご協力をお願いします。
令和3年1月8日熱海市長 齊藤栄

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る