政府の緊急事態宣言発令を受けて齋藤栄市長がコメント 熱海市

熱海市の齋藤栄市長は1月8日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の「緊急事態宣言」発令を受けてコメントを発表した。

国は、1月7日、首都圏を中心とした急激な感染拡大を受けて、東京都、神奈川県、埼玉県、 千葉県の1都3県に「緊急事態宣言」を発令しました。期間は1月8日から2月7日までと発表されています。
本市は、現時点においては「緊急事態宣言」の対象地域ではありませんが、市民の感染者も増加傾向でありますので油断できない状況です。また、緊急事態宣言の対象地域と隣接していること からも、今後の感染拡大と地域経済に与える影響は、大きいものであると危惧しております。
このような中、市民の皆様とともに、一丸となって、なお一層の感染防止対策と社会経済活動と の両立を図っていくことが必要であると考えています。
市民の皆様におかれましては、社会や医療を守るため、「マスクの着用」、「手洗いなど手 指衛生」、「人と人との距離の確保」、「適切な換気の実施」や「3つの密(密閉、密集、密 接)」の回避など、一人ひとりの感染防止対策を徹底し、緊急事態宣言対象地域の東京都、 神奈川県、埼玉県、千葉県への不要不急の移動を自粛していただくことをお願いします。
また、感染リスクが高まる「5つの場面(1飲食を伴う懇親会等、2大人数や長時間に及ぶ飲食、3マスクなしでの会話、4狭い空間での共同生活、5仕事から休憩室、喫煙所、更 衣室等への居場所の切り替わり)」についてご注意をお願いします。
なお、発熱等の症状のある方は、かかりつけ医、または、発熱等受診相談センター(050 -5371-0561)にご相談ください。
市内事業者の皆様におかれましては、業種別の感染拡大予防ガイドラインや、静岡県から協力要請のあった1テーブル4人以下での配席等の「感染しない」「感染させない」対策の 徹底をお願いします。また、対策に必要な消耗品や資材等を整備される際には、本市の「感 染予防対策助成金」をご活用ください。
静岡県は、緊急事態宣言の対象地域である東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の皆様の訪 問回避を、その他の道府県の皆様には、訪問については特に慎重な行動などを呼びかけています。 本市にお越しになる際には、感染防止対策にご理解とご協力をお願いします。また、体調がすぐれない場合は来訪を控えていただき、過去2週間以内に感染リスクが高い状況下にあ った方などは、来訪につきまして今一度慎重にご検討いただきますようお願いします。
こうした状況の中で、医療・介護現場で自らも感染するリスクを抱え、強い使命感のもと 昼夜を問わず、治療やケアが必要な方を支え続けている皆様に、心から感謝申し上げます。
現在の状況を克服し、新型コロナウイルスと共存するためには、オール熱海での取組みが重要です。皆様のご理解とご協力をお願いします。
令和3年1月8日熱海市長 齊藤栄

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-23

    静岡県民限定1泊最大5000円割引 都の緊急事態宣言で5月末まで延長

    静岡県は、県民が県内で観光する場合に宿泊費を1泊最大5千円割り引く「今こそ!しずおか!!元気旅!!…
  2. 2021-4-23

    下松田町、銀座、温泉通りで町内会長が交代、熱海市町内会長連合会

    熱海市町内会連合会はこのほど、市役所4階会議室で4月定例会を開き、3町内会の会長交代が報告された。…
  3. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  4. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
ページ上部へ戻る