熱海市、21年度予算編成に苦慮 コロナ禍で税収が13億円超減収

来年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが1月8日、始まった。齋藤栄市長と金井慎一郎副市長が各部課や教育委員会から要望などを聴いて事業の取捨選択を行うもので、18日まで続ける。
予算編成へ向けた各課の要求額は計約196億4千万円。一方、歳入は新型コロナウイルス感染拡大の影響で税収が13〜14億円ほど減少し、157億円を見込んでいる。現時点で差額が39億4千万円あり、これを財政当局が23億円ほどに圧縮。不足する15〜16億円は起債で対応する方針で、今回のヒアリングでは残る7〜8億円を埋める作業を行う。

来年度の予算規模は、2020年度当初予算の186億3100万円を下回る見込みで、市長は「限られた財源で費用対効果を高め、市民が希望を感じる予算をな編成したい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  2. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
  3. 2021-3-5

    【お悔やみ】田中秀雄さん(熱海市初島)3月3日死去

    田中秀雄さん(たなか・ひでお)3月3日死去、96歳。熱海市初島187。出棺5日午前10時10分、J…
  4. 2021-3-4

    三菱地所、熱海にワーケーションオフィス開業 ホテルニューアカオと業務提携

    三菱地所は3月4日、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」を5月に開業すると…
ページ上部へ戻る