首都圏・緊急事態宣言後、初の連休 熱海は閑散「梅まつり」静かに開幕

東京や神奈川など1都3県に緊急事態宣言が再発令されてから初の連休が始まった1月9日、首都圏に隣接する熱海市は閑散とした状態が続いた。熱海梅園では第77回「梅まつり」が始まったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、初日の式典や園内の足湯も中止。来園者は少なく、静かな開幕を迎えた。
例年は1日平均3千人近くが来園し、熱海の宿泊施設や飲食店は繁忙期を迎えるが、コロナの感染拡大で予約のキャンセルが続出。この日の熱海梅園の来園者も例年の10分の1にも満たなく、不安を投げかけた。
主催する熱海市観光協会の中島幹雄会長は「熱海の観光客の約8割は1都3県から訪れる。残念だが仕方がない。梅まつりは3月7日まで続く。宣言解除後(2月8日以降)も楽しめる」と話し、再発令期間中のコロナ収束に期待を寄せた。
(熱海ネット新聞)

■開花状況=1月7日現在
全体の開花(259本=1・17分咲き)
・早咲き(214本開花=見ごろ24本、5分咲き8本、3分咲き20本、2分咲き42本=1・88分咲き
・中手(開花40本)=0・39分咲
・遅咲き(開花5本)=0・03分咲

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る