熱海市で過去最多5人のコロナ感染確認 2人は陽性者との濃厚接触 3人は不明

静岡県は1月10日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。1日に発表された熱海市内の感染者数としては過去最多を更新した。このうち、2人は県内と県外の陽性感染者の濃厚接触。
熱海市69例目(県3226例目)は高齢でない成人(性別は公表を望まず)。1月6日に悪寒があり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在は発熱がある。感染経路は調査中で濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市70例目(県3227例目)も高齢でない成人(性別は公表を望まず)。1月7日に微熱と節々の痛みがあり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在も微熱がある。感染経路は調査中で濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市71例目(県3228例目)は高齢者(性別は公表を望まず)。1月7日に発熱とせきがあり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在は症状がない。感染経路は調査中で濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市72例目(県3229例目)は高齢でない成人の男性。1月5日に軽いせきとのどの痛みがあり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在も同じ症状が続いている。感染経路は県内陽性者との濃厚接触。この人の濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市73例目(県3230例目)は高齢者の女性。症状はなかったが、保健所に県外陽性者との濃厚接触者に特定され、PCR検査を受け、1月8日に陽性が判明した。現在も症状がない。この人の濃厚接触者は保健所が特定した者としている。
この日、県内では過去最多の127人のコロナ感染が確認された。
(熱海ネット新聞)
■静岡県内の新たなコロナ感染者(1月10日)静岡市48人、伊東市15人、焼津市10人、浜松市7人、沼津市、富士市各6人、熱海市、御殿場市各5人、伊豆の国市4人、三島市、磐田市、袋井市、湖西市各3人、伊豆市、富士宮市、東伊豆町各2人、裾野市、長泉町市、県外各1人。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る