「どんどん焼き」で無病息災息、コロナ終息願う 熱海サンビーチ

正月飾りや古いお札などを、焼いてことし1年の無病息災を願う熱海市の伝統行事「第36回熱海サンビーチどんどん焼き」(連合町内会中部部会主催)が1月10日、熱海サンビーチで開かれた。神事で来宮神社の雨宮盛克宮司が「どんどん焼きの燃え上がる炎で体を温め、煙を浴びると病気にならないと言い伝えられている。新型コロナウイルスの感染防止に気をつけ、縁起のいい炎を浴びていただきたい」とあいさつ。続いてお飾りやだるまを若竹で組み上げた高さ20mのおんべに火をつけると、パチパチと音を立てながら一気に炎上し、おんべを取り囲んだおよそ300人の市民や観光客はオレンジ色の炎や煙を浴び、疫病退散や健康を祈った。

数年前までは、竹の棒の先端につけられた団子を代わる代わる火にかざして伝統行事を楽しんだが、竹の棒を作る職人が減少し、近年は当番町(今年は汐見町、犬飼啓介実行委員長)が市内和菓子店特製の紅白のもちを500個ふるまっている。例年はおき火になると焼きいもを味わうが、今年はコロナ感染予防のため、中止した。
終了後は連合町内会中部地区の10町内が協力しておんべを除去、清掃し、熱海サンビーチの景観を取り戻した。
(熱海ネット新聞)
■どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・だるまなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。
■主催・熱海市連合町内会中部部会 本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る