コロナ禍の新成人、選んだ漢字1文字は「変」 熱海サンビーチでプレート贈呈式

新型コロナウイルスの感染防止で成人式の式典を中止した熱海市は1月10日、熱海サンビーチ遊歩道で記念プレートの贈呈式を行なった。新成人が選んだ「自分たちの気持ちを表す1字」を、市が黒御影石で30センチ四方のプレートを制作し、同遊歩道に設置するもので2010年から続く恒例行事。例年は式典が開かれるMOA美術館能楽堂で行われるが、今年は屋外で実施した。
今年の新成人が選んだの漢字1文字は「変」。コロナ禍の感染拡大防止と社会経済活動を実践する「新しい生活様式」を1文字に込めた。贈呈式には新成人運営スタッフが出席し、代表の小松麗華さん(熱海中出身)に新村茂昭教育長が手渡した。

小松さんは「成人になれば、これまで許されていたことが、許されなくなる。自立した女性に変わるために、一つひとつ考えて行動したい」と抱負を述べた。
新村教育長は「社会をより良く変えていきたいという思いが、この1文字に込められている。コロナ禍の苦しい経験は今後の生活に必ず生きる」と激励した。
プレートは、後日、歴代のプレートに続けて遊歩道に設置する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る