熱海富士(熱海市出身)、惜しくも黒星デビュー 大相撲初場所2日目

大相撲初場所は1月11日、東京・両国国技館で2日目の取組が行われ、熱海市出身の熱海富士(本名・武井朔太郎、伊勢ケ浜部屋)が序ノ口デビューした。惜しくも荒馬(伊勢ノ海部屋)に寄り倒しで敗れ、黒星発進となった。
対戦相手の荒馬は、モンゴル・ウランバートル出身。日本で相撲をすることを志し、鳥取城北高に留学し、同志社大を経て今場所で前相撲デビュー。同大では1年次からレギュラーとして活躍した。
序ノ口は、15日間で7番の相撲を取る。熱海富士が入門した伊勢ケ浜部屋では、飛龍高(沼津市)の先輩で11月場所で十両優勝を果たし、今場所で新入幕した翠富士が初日から2連勝スタートしており、後輩の熱海富士への期待も高まっている。
(熱海ネット新聞)
■熱海富士(本名・武井朔太郎=たけい・さくたろう)2002年(平14)9月3日、千葉県生まれ。18歳。小学2年で熱海市に移り、熱海二小に転校。小学6年で三島市の三島相撲クラブ入り。熱海中に進み、3年生の17年に全国中学校選手権個人5位。飛龍高では1年時からレギュラー。185センチ、170キロ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る