熱海梅園に閑古鳥 緊急事態宣言追加で観光客も車も姿消す 例年の1割以下

東京、神奈川、埼玉、千葉に発令されていた緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大されて初めての週末を迎えた1月16日、いつもは観光客でにぎわう熱海梅園の人影はまばらだった。
全国的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響は大きく、熱海市内のホテル・旅館はキャンセルが相次ぎ、タクシーの乗務員からは「人通りが激減した。毎日がストレス」のため息。とりわけ、この2年余り、熱海の観光を牽引してきた10代、20代の旅行者が姿をぷっつり姿を消した。

この時期は日本一早い梅の開花ラッシュが始まり、熱海梅園は首都圏から訪れた観光客で混雑するが、来園者は例年の1割にも満たない。駐車場もご覧のようにガラガラ。梅園スタッフによれば、77回目を迎えた梅まつりでこれだけ人が少ないのは、初めてという。


それでも、園内の梅は例年以上の速さで咲き進んでいる。1月14日現在、園内に植えられた60品種469本(早咲き270本、中手102本、遅咲き97本)のうち、286本が開花している。早咲き種に限れば1・63分咲きで、見ごろが39本、5分咲きが18本、3分咲きが28本、2分咲きが49本。中手種も咲き始めている。

梅まつりは3月7日まで続き、新たな品種が次々に見頃を迎え、主役を交代していく。今年は人影がまばらな分、安心して花見が楽しめる。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  2. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  3. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
  4. 2021-11-30

    紅葉ピークの熱海梅園、梅も続々開花 晩秋と冬春の共演

    「もみじまつり」が最終週を迎えた熱海梅園で380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり、ピー…
ページ上部へ戻る