熱海梅園に閑古鳥 緊急事態宣言追加で観光客も車も姿消す 例年の1割以下

東京、神奈川、埼玉、千葉に発令されていた緊急事態宣言の対象地域が11の都府県に拡大されて初めての週末を迎えた1月16日、いつもは観光客でにぎわう熱海梅園の人影はまばらだった。
全国的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響は大きく、熱海市内のホテル・旅館はキャンセルが相次ぎ、タクシーの乗務員からは「人通りが激減した。毎日がストレス」のため息。とりわけ、この2年余り、熱海の観光を牽引してきた10代、20代の旅行者が姿をぷっつり姿を消した。

この時期は日本一早い梅の開花ラッシュが始まり、熱海梅園は首都圏から訪れた観光客で混雑するが、来園者は例年の1割にも満たない。駐車場もご覧のようにガラガラ。梅園スタッフによれば、77回目を迎えた梅まつりでこれだけ人が少ないのは、初めてという。


それでも、園内の梅は例年以上の速さで咲き進んでいる。1月14日現在、園内に植えられた60品種469本(早咲き270本、中手102本、遅咲き97本)のうち、286本が開花している。早咲き種に限れば1・63分咲きで、見ごろが39本、5分咲きが18本、3分咲きが28本、2分咲きが49本。中手種も咲き始めている。

梅まつりは3月7日まで続き、新たな品種が次々に見頃を迎え、主役を交代していく。今年は人影がまばらな分、安心して花見が楽しめる。
(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-1

    女子ゴルフの渡邉彩香さんが結婚 お相手は埼玉栄高同級生の柔道家

    熱海市出身の女子ゴルファー•渡邉彩香さん(27=大東建託)が3月1日、結婚を発表した。お相手は埼玉…
  2. 2021-3-1

    序ノ口優勝の熱海富士、序二段西48枚目 大相撲春場所番付 3月14日初日

    日本相撲協会は3月1日、大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。初場所で序ノ…
  3. 2021-3-1

    満開の大寒桜、ひっそりとライトアップ 熱海市の渚親水公園市営駐車場

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出を控える動きが続く中、熱海市の渚親水公園市営駐車場で大寒桜(…
  4. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る