大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(18、熱海市出身、伊勢ケ浜部屋)は龍成山を寄り切り、6勝1敗(7番勝負)で千秋楽の優勝決定戦に臨むことになった。
飛龍高校3年の熱海富士は、今場所でデビュー。一番相撲こそ敗れたが、その後は6連勝。優勝決定戦は、6勝1敗で並んだ東照錦(錦戸部屋)、荒馬(伊勢ノ海部屋)と3人による巴戦で行う。
東照錦は都立足立新田高時代にアームレスリングで全国大会優勝、荒馬はモンゴル出身で同志社大で相撲経験を持つ。序二段昇進を見据えた熱戦となる。
(熱海ネット新聞)
初場所の熱海富士=6勝1敗
①熱海富士●(寄り倒し)◯荒馬
②熱海富士◯(寄り切り)●本間
③熱海富士◯(寄り倒し)●若大根原
④熱海富士◯(寄り切り)●白石桜
⑤熱海富士◯(送り出し)●藤乃波
⑥熱海富士◯(寄り切り)●許田
⑦熱海富士◯(寄り切り)●龍成山
※序ノ口=1場所7番制

■熱海富士(本名・武井朔太郎=たけい・さくたろう)2002年(平14)9月3日、千葉県生まれ。18歳。小学2年で熱海市に移り、熱海二小に転校。小学6年で三島市の三島相撲クラブ入り。熱海中に進み、3年生の17年に全国中学校選手権個人5位。飛龍高(沼津市)では1年時からレギュラー。185センチ、170キロ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-5

    伊豆山神社の神輿渡御、石段下り今年も中止 コロナ禍で2年連続、神事のみ

    熱海市の伊豆山神社例大祭で4月15日に予定されていた御輿渡御と石段下りが昨年に続き、中止されること…
  2. 2021-3-5

    【お悔やみ】東常隆さん(熱海市小嵐町)3月2日死去

    東常隆さん(あずま・つねたか)3月2日死去、82歳。熱海市小嵐町13の7。通夜6日午後6時。告別式…
  3. 2021-3-5

    【お悔やみ】田中秀雄さん(熱海市初島)3月3日死去

    田中秀雄さん(たなか・ひでお)3月3日死去、96歳。熱海市初島187。出棺5日午前10時10分、J…
  4. 2021-3-4

    三菱地所、熱海にワーケーションオフィス開業 ホテルニューアカオと業務提携

    三菱地所は3月4日、ワーケーションオフィス「WORK×ation Site熱海」を5月に開業すると…
ページ上部へ戻る