渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から熱海サンビーチに行楽客繰り出す

春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎え、ご覧のようにピンク一色に染まった。東京と神奈川、埼玉、千葉などでは新型コロナウイルスの緊急事態宣言が続き、いぜん外出自粛要請が出ているが、感染者が減少してきたこともあり、多くの人が春景色を求めて熱海入り。天皇誕生日の祝日となった2月23日は家族を乗せた首都圏ナンバーの車両が目立った。
行楽客たちは、マスク着用や密集に気を付けるなどの感染対策した上で、桜が見下ろせるスカイデッキやレインボーデッキをウオーキングしたり、熱海サンビーチの砂浜を散歩するなどして春を先取り。本格的な桜シーズンを迎え、住民らからは「人が密集して感染が拡大しないか心配」の不安の声も上がっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る