熱海梅園で最後の品種「開運」が開花 60種咲き揃う 梅まつり終幕へ

開運

熱海梅園でもっとも遅く咲く梅「開運」が開花し、これで60品種469本の梅の木が咲き揃った。縁起の良い名前の開運は人気の紅梅だが、最遅咲きのため、例年、梅まつり終了後に花を咲かせる。今年は園全体で開花が早く、7日の閉幕に間に合ったが、新型コロナウイルスの影響で来園者が少ないのが残念。
市が発表した3月4日現在の開花情報では、園全体の開花状況は1•26分咲き。見ごろの木は26本。このうち、遅咲き種が19本で開運のほか、乱雪、白獅子が彩っている。今シーズンの梅はほぼ終幕ー。
(熱海ネット新聞)
3月4日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る