3月25日現在の「熱海の桜の名所」開花情報 千歳川沿いの桜並木が満開

熱海市泉と神奈川県湯河原町の境を流れる千歳川沿いの桜並木で3月25日、桜が満開となった。例年より1週間ほど早い。桜は千歳川の熱海側(泉大橋下から新幹線ガード間の約200m)にソメイヨシノが40本、大島桜が20本植えられ、市を代表する桜の名所の一つ。花びらがはらはらと舞い、川面が淡いピンク色に染まり始めた。
夜間はライトアップ(午後6時~午後10時)され、幻想的な夜桜を観賞することができる。新型コロナウィルスの感染防止から、伊豆湯河原観光協会は付近での花見宴会や飲食の自粛を呼びかけているが、散策の花見はできる。河原には菜の花が植えられている箇所もあり、桜のピンクと菜の花の黄色のコントラストが楽しめる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る