熱海市長、副市長2人に特命 稲田氏は中長期的な課題、金井氏は宿泊税•DMO

熱海市の齋藤栄市長は3月25日、4月1日付で副市長に就任する稲田達樹氏と経済産業省から出向している金井慎一郎副市長の事務分担を明らかにした。稲田氏は特命事項として(1)地域包括ケアシステム の進化(2)老朽化した廃棄物処理施設「エコプラント姫の沢」の更新問題(3)県営駿豆水道の契約更新問題ーなど中長期的な問題に取り組む。
金井氏の特命事項は(1)宿泊税導入や熱海型DMO(観光地域づくり法人)の設立(2)熱海港渚地区第4工区など観光エリアの活性化、観光産業の裾野拡大(3)ーを担う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る