緊急事態明け、花火見物の人出増 首都圏の若者観光客、熱海で思い出づくり

首都圏4都県に発令されていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されて初の週末となった3月27日、熱海市内は思い出づくりの若者の宿泊客でにぎわいを見せた。コロナ禍以前の春の観光シーズンの人出がほぼ戻り、その多くが今年2度目の熱海海上花火大会が目当て。東京、神奈川からの日帰り客の姿も多く見られた。
熱海温泉ホテル旅館協同組合によれば、この夜の宿泊状況はほぼ満室。多くが卒業旅行のグループや20代のカップルでリピーターの高齢者は少ないという。花火会場の海岸部は若者であふれ、一部デッキでは、混み合っている状況が見られた。
観衆は7千人(主催者発表)。宿泊客はホテル、市民は自宅からの観覧が多かった。主催する熱海市ホテル旅館協同組合連合会は、感染対策に配慮し、通常午後8時20分から25分間打ち上げる花火を15分間に縮め、爆音とともに3千発を打ち上げた。次回は30日(火)に今年度最後の花火大会を開催する。新社会人前の駆け込み需要が続く。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る