【芸妓】熱海芸妓「日本一」を返上 芸妓衆の数で箱根に抜かれる

「日本最大の芸者数」が自慢だった熱海芸妓の総数が、箱根に抜かれ2位に転落していたことが分かった。12日の6月定例市議会の一般質問で稲村千尋議員(自民)が明らかにし、市に対応をただした。同議員によれば、昭和30年代、40年代には1000人~1200人の芸妓が熱海芸妓置屋連合組合(見番)に登録していたが、高級旅館の減少などで年々減り続け、現在は130人~150人。

一方、箱根の箱根湯本芸能組合は新人の芸妓が増え、160人~170人が在籍しているという。同議員の「この現実をどうとらえるか」の質問に田辺国治副市長は「事務局の管理体制に問題があるように思う。新人が生活が成り立つようにしていくことが大切」と述べた。

≪解説≫芸妓衆の減少は負の連鎖をもたらす。芸妓衆はお座敷前に美容院で髪を結い、タクシーで旅館ホテルを往復。飲食店などでも客をもてなす。そのけん引役の芸妓衆が減れば、店舗の売り上げも減り、経済の活性化が損なわれる。時計の針を巻き戻すには、基幹産業である旅館ホテルの集客力アップが急務-。

DSCN3543

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る