【芸妓】熱海芸妓「日本一」を返上 芸妓衆の数で箱根に抜かれる

「日本最大の芸者数」が自慢だった熱海芸妓の総数が、箱根に抜かれ2位に転落していたことが分かった。12日の6月定例市議会の一般質問で稲村千尋議員(自民)が明らかにし、市に対応をただした。同議員によれば、昭和30年代、40年代には1000人~1200人の芸妓が熱海芸妓置屋連合組合(見番)に登録していたが、高級旅館の減少などで年々減り続け、現在は130人~150人。

一方、箱根の箱根湯本芸能組合は新人の芸妓が増え、160人~170人が在籍しているという。同議員の「この現実をどうとらえるか」の質問に田辺国治副市長は「事務局の管理体制に問題があるように思う。新人が生活が成り立つようにしていくことが大切」と述べた。

≪解説≫芸妓衆の減少は負の連鎖をもたらす。芸妓衆はお座敷前に美容院で髪を結い、タクシーで旅館ホテルを往復。飲食店などでも客をもてなす。そのけん引役の芸妓衆が減れば、店舗の売り上げも減り、経済の活性化が損なわれる。時計の針を巻き戻すには、基幹産業である旅館ホテルの集客力アップが急務-。

DSCN3543

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る