【芸妓】熱海芸妓「日本一」を返上 芸妓衆の数で箱根に抜かれる

「日本最大の芸者数」が自慢だった熱海芸妓の総数が、箱根に抜かれ2位に転落していたことが分かった。12日の6月定例市議会の一般質問で稲村千尋議員(自民)が明らかにし、市に対応をただした。同議員によれば、昭和30年代、40年代には1000人~1200人の芸妓が熱海芸妓置屋連合組合(見番)に登録していたが、高級旅館の減少などで年々減り続け、現在は130人~150人。

一方、箱根の箱根湯本芸能組合は新人の芸妓が増え、160人~170人が在籍しているという。同議員の「この現実をどうとらえるか」の質問に田辺国治副市長は「事務局の管理体制に問題があるように思う。新人が生活が成り立つようにしていくことが大切」と述べた。

≪解説≫芸妓衆の減少は負の連鎖をもたらす。芸妓衆はお座敷前に美容院で髪を結い、タクシーで旅館ホテルを往復。飲食店などでも客をもてなす。そのけん引役の芸妓衆が減れば、店舗の売り上げも減り、経済の活性化が損なわれる。時計の針を巻き戻すには、基幹産業である旅館ホテルの集客力アップが急務-。

DSCN3543

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  2. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  3. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
  4. 2018-8-14

    【お悔やみ】鈴木孟彦さん(熱海市網代)8月11日死去

    鈴木孟彦さん(すずき・たけひこ)8月11日死去、83歳。熱海市網代。出棺15日午前11時、JAホール…
ページ上部へ戻る