パラ聖火リレー 8月17日に熱海を出発地にスタート 花火モチーフに採火フェス

東京五輪・パラリンピック組織委員会は3月31日、パラリンピックの聖火リレーの採火フェスティバルを、五輪閉幕後に全国47都道府県の880超の市区町村で実施すると発表した。熱海市の採火式では、打上花火の材料の一つである玉皮を燃やすことで生じる炎を”あたみの火”とし、そこから丈の長いロウソクなどでランタンへ火を移す。
聖火リレーは8月17~24日に競技会場がある静岡、千葉、埼玉の3県、東京都の順に行われ、初日に熱海市をスタートし、24日にパラの開会式を迎える。県内では、熱海、静岡、御前崎、菊川、浜松市の5市4区間で実施する。聖火ランナー1人あたりの走行距離は約200m、走行時間は約2分間。県内ランナーの人数は、延期前と同じ県選出枠29人(公募25人、著名人4人)にスポンサー枠を加えた総勢123人の見通し。ルート等の詳細は今後、公表される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る