「熱海をどり」2年連続の中止 コロナ対策でフルスペック公演できず断念

熱海芸妓置屋連合組合は、4月28、29日に予定していた舞踊公演「熱海をどり」の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染状況の先行きが見通せず、「観客や出演者の健康、安全を第一に考えると中止せざるを得ない」と判断した。中止は昨春に続いて2年連続。
県独自の警戒レベルを引き下げたことを受け、週末公演「湯めまちをどり 華の舞」は2月13日から観客定員を4分の1の50人に制限して再開させた。しかし、熱海花街の最大公演「熱海をどり」はフルスペックの200人収容で実施しないと採算がとれず、断念した。
熱海をどりは芸妓見番の大改修を記念して1990年にスタート。毎年、4月28、29日の両日に芸妓衆が1年間の修練の成果を披露してきた。中止は、東日本大震災が発生した2011年とコロナ禍の昨年に続く3度目。「華の舞」は定員を制限して続けていく。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る