笹良ケ台で自生のフジが甘い香り 爽やか、降り注ぐ薄紫のシャワー 

熱海市街から姫の沢公園に向かう笹良ケ台バス停近くで自生するフジの花が見頃を迎え、車で行き交う人たちの目を楽しませている。房状に垂れ下がった淡い紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、頭の上からシャワーのように降り注ぐ。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大で車両が少なく、安全なところに車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、新葉の緑と空色に藤色がよく映える。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る