菅首相、熱海市伊豆山の土石流被災地視察 「激甚災害に匹敵する対応」約束

菅義偉首相は7月12日午後、熱海市伊豆山地区で起きた大規模土石流災害の被災現場を視察した。伊豆山神社近くから崩れた斜面の様子や住宅を確認したほか、警察や消防から行方不明者の捜索状況などについて説明を受けた。
その後、527人が避難しているニューフジヤホテルで被災者から話を聞き、齋藤栄市長、川勝平太県知事と今後の対応をめぐって意見を交わした。勝俣孝明衆院議員、越村修市議会議長が同席し、犠牲者に哀悼の意を表して始まった。
市長は① 被災自治体の復旧事業に国の補助金が上積みされる「激甚災害」指定②風評被害対策として、熱海の観光復興に向け、国の補助金による宿泊料の割引キャンペーン(復興割引)実施③様々な憶測記事が出ていることから、今回の土砂災害と盛り土の因果関係についての国による科学的、専門的な原因究明ーを要望した。


これに対し、首相は「想像を絶するような土石流だったと思う。できることは全てやる」と述べ、激甚災害の指定については「今回は住宅が非常に多く、適するかどうかは微妙な問題があると思うが、指定できなくともそれに匹敵する支援を行う」。復興割引、国による原因究明については「やる必要がある」と支援を約束した。

市長は「未曾有の災害で市民が現状、そして将来の生活再建に不安を抱いている中で、国のトップに足を運んでいただき、被災者に直接お声も…。意見交換会では、前向きな回答があり、今後の復旧復興に対してこれほど心強いことはない」と述べた。
(熱海ネット新聞)
被災現場視察の写真は菅義偉首相のfbより

甚大被害制度…http://www.bousai.go.jp/taisaku/pdf/seido.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る