熱海土石流 7月の市内経済損失15億4千万円 宿泊キャンセル5万6千人

熱海市は8月30日、7月3日に発生した伊豆山土石流に伴う宿泊施設の休業や予約キャンセルで約5万6000人が宿泊を取りやめ、7月だけで約15億4000万円の経済財損出がでたとの試算を公表した。
 被災した伊豆山地区では、寮や保養所を含む宿泊施設のほぼすべてが休業し、2万人が宿泊を取りやめた。他の市内各地区でも風評被害があり、市中心部(熱海温泉)で約2万人。泉(伊豆湯河原温泉)、多賀(伊豆多賀温泉)、網代(網代温泉)、初島や加盟していない施設も含めると、伊豆山地区以外でも約3万6000人。市全体で5万6000人(コロナ禍前の一昨年7月の約44%)が宿泊予約を取りやめたと試算した。
 損失額は、市の調査に基づく宿泊客1人当たりの平均消費額の約2万7000円(宿泊1万7138円、飲食4695円、土産物2997円、その他)を基に推計した。宿泊施設の納入業者などへの影響も含めると、額はさらに膨らむ見通し。
8月はお盆の時期の天候不順や新型コロナウイルス感染拡大に伴うまん延防止等重点措置や緊急事態宣言の影響があり、7月以上の経済損失が予想されている。
 齋藤栄市長は「経済的な影響は大きく、厳しい状況だが、今すぐできる経済対策は限られる。コロナの収束を待ち、複数の旅行会社から申し出のある、復興応援キャンペーンに応じたい」と期待を寄せた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-26

    熱海土石流、捜索現場で土砂撤去作業中の男性死亡 藍染橋下に重機ごと転落

    9月25日午後4時ごろ、7月に土石流が発生した熱海市伊豆山の国道135号「逢初(あいぞめ)橋」の直…
  2. 2021-9-25

    熱海土石流、10月10日に伊豆山小体育館で追悼式 一般献花も

    熱海市は9月24日、伊豆山地区の大規模土石流発生から100日目となる10月10日午前10時から被災…
  3. 2021-9-25

    今宮神社例大祭、2年連続で神事だけ 神輿渡御・神輿パレードは中止 

    熱海市の今宮神社例大祭(10月19日、20日)の実行委員会(島田善一委員長)は9月24日、新型コロ…
  4. 2021-9-25

    【お悔やみ】中澤孝一さん(熱海市下多賀)9月23日死去

    中澤孝一さん(なかざわ・こういち)9月23日死去、83歳。熱海市下多賀562。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る