十国峠ケーブルカー、開業65周年 記念の「バックヤードツアー」 開催

熱海市と函南町の境にある十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)は10月16日、開業65周年(1956年10月16日開業)を迎えた。この日は65人目の乗客に特製のくす玉を割ってもらったり、バックヤード施設を見学するツアーなどの記念イベントが行われた。


バックヤードツアーは、十国登り口駅から全長316m、高低差101mを約3分で上り、十国峠駅で普段入ることのできない機械室を見学。技術職員が車両と乗客合わせ最大13トンのケーブルカーを引っ張る巨大な巻き上げ機や、減速機について説明した。
減速機は1924(大正13年)スイス製。昔は兵庫県で使われていたが、戦時中に金属供出の際に外され、どういう経緯かわからないが、十国峠ケーブルカーで復活したという。ロープは直系26ミリ、ペットボトルのキャップとほぼ同じ。6年ほどの単位で交換するという。
バックヤードツアーには親子連れらが参加、司令室やケーブルカーのポイントの仕組みなどを質問し、ノートに書き入れていた。23日にも行い、1日あたり4回、各回5人限定で実施する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る