今宮神社例大祭の神事厳かに 獅子神楽、稚児舞を奉納 

今宮神社例大祭は10月20日、本祭神事を斎行した。泉明寺みずほ宮司が祝詞を奏上し、八代一雄氏子総代長をはじめ、神社役員が玉串を捧げ、地域の安泰や新型コロナウイルスの終息、大規模土石流で被災した伊豆山地域の一日も早い復興を願った。


神事後、境内で獅子神楽保存会(斉藤芳信会長)が800年以上に渡って受け継いできた「さがりは」(四方を清める舞)、「しんびょうし」(鈴と幣束を持って神を呼ぶ舞)、「剣の舞」(左手に頼朝公の剣、右手にすずを持って悪魔を退治する舞)「くるいまい」(神が獅子に乗り移って厄除けをする舞)を奉納した。

続いて、稚児9人の舞女(まいひめ)が「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納。雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅に舞い、地域の住民が温かく見守った。

今年度の例大祭は、コロナ禍と伊豆山土石流に配慮し、神輿渡御、神幸行列、神輿パレードなどを取りやめた。島田善一祭典実行委員長は「昨年に続いて、笛や太鼓、神輿の掛け声のない少し寂しいお祭りとなったが、コロナは収束しており、来年は例年通りのお祭りができると思う。この2年のブランクを取り戻すのは大変だと思うが、力を合わせ今宮神社の伝統を引き継いでいただきたい」と期待を寄せた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る