97•8%欠ける皆既月食、熱海でも 140年ぶりの天体ショー

月の一部が地球の影に隠れる「部分月食」が11月19日、熱海湾でも観測された。月食は、満月の頃に太陽と地球、月がほぼ一直線に並び、月が地球の影に隠れて欠けて見える現象。今回は完全に隠れる「皆既月食」ではないが、月の直径の最大97•8%まで影が入り込む「ほぼ皆既月食」。これほど深く欠ける部分月食は140年ぶりとあって、熱海サンビーチのムーンテラスでもマスク姿の多くの人が駆け付け、スマホを手に天体ショーを観察した。


国立天文台によると、月食は午後4時18分頃から始まり、同6時2分頃に月が最も欠けて見える「食の最大」に。その後、徐々に戻り、同7時47分頃に満月の空に戻った。月食は、太陽光で大気を通った赤い光だけが月を照らすため、欠けた部分は真っ暗にはならず、ご覧のように赤銅色に見える。次に同じ条件で見られる部分月食は65年後という。
(熱海ネット新聞•天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る