熱海市赤根崎の沖合で身元不明の男性遺体 年齢は30〜60代くらい

11月26日午後0時25分ごろ、熱海市上多賀•赤根崎沖合の約150メートルの海上に男性の遺体が浮かんでいるのを警備艇でパトロール中の警察官が発見した。年齢は30〜60代くらいで身長175センチくらい。白髪交じりで黒色の下着と肌色のももひきを身に着けていた。目立った外傷はないという。
熱海署は身元確認を進めるとともに、溺れた経緯を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る