熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26人が死亡、1人が行方不明)とされる盛り土をめぐる行政手続きの問題について、自身の責任を認めた。「どんな経緯や事実関係があろうとも私の任期中に起きたことであり、非常に重く受け止めている。事業者、県、市がそれぞれ責任がある」と述べた。市長が自身の責任に言及したのは初めて。
責任の取り方については職員への聞き取りがまだ不十分なことから「当時の私の判断が正しかったのか、そうでなかったかを自分で判断するのは難しい」とし、調査結果を県に報告した上で、本年度内にまとめる県の第三者委員会の判断に委ねる考えを示した。
市は現在、10月に公表した行政文書を精査するとともに、退職者を含む市の担当職員約10人に聞き取り調査を行っている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る