花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が打ち上げられた。ワクチン接種を前提にした行動制限の緩和が進み、若い世代を中心に観衆は4千人(主催者発表)。秋、冬季シリーズとしてはコロナ禍以前の客の入りに戻った。

11月はこの夜を含めて4回打ち上げ、花火効果で宿泊客は回復。熱海市ホテル旅館協同組合によれば、11月の宿泊客数はコロナ禍以前の2019年同月比で90%の水準まで回復。年末年始の予約も1月2日まで堅調だという。ただ、各宿泊施設智予約は若い世代が中心で従来熱海が得意としていた三世代のようなお正月の家族旅行は、長く続いた外出自粛の影響で伸び悩んでいると気を揉む。
最繁忙期となる12月は5日(日)、12日(日)、18日(土)、25日(土)に忘年花火大会と銘打って4回開催し、年末の誘客を後押しする。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る