紅葉ピークの熱海梅園、梅も続々開花 晩秋と冬春の共演

「もみじまつり」が最終週を迎えた熱海梅園で380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり、ピークを迎えた。ビュースポットの赤い駐杖橋(ちゅうじょうばし)、韓国庭園の周辺、香林亭に続いて、撮影スポットとして人気が高い韓国庭園近くの展望台も秋色に染まり、冬隣りの情景を楽しむ人たちでにぎわっている。


同園では冬至梅に続いて、八重野梅も続々開花している。日本一の早咲きで知られるあたみ桜も咲き始めた。日本一遅いもみじと日本最速の梅、桜の共演が楽しめる。紅葉と梅、桜がともに見られるのは、全国で熱海梅園だけとあって来園者も増えている。
同まつりは12月5日まで。週末には甘酒のサービスや熱海菓子商工組合によるもみじまつり限定まんじゅうの販売、ジャズコンサートなどが開かれる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る