熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石流の起点となった盛り土がされた土地の現旧所有者の男性2人について、殺人容疑での告訴状を受理した。告訴されたのは2011年まで土地を所有していた神奈川県小田原市の不動産管理会社の元代表(71)と現在の土地所有者の男性(85)。告訴人は犠牲者6人の遺族5人。
告訴状では、前所有者の不動産会社元代表は盛り土の流出で下流域の住民が死亡する恐れが大きいと認識しながら、防災措置を施さないまま、熱海市による土砂搬入の中止要請を無視して土砂の搬入を続けた。現所有者の男性も同様に認識しながら放置したとし、逢初川の下流の住民の死亡を容認する「未必の故意」があったとしている。未必の故意があったと立証できるかどうかが立件のポイントとなる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る