【文化】春日町の和風別荘「東山荘」 国登録文化財に 熱海市で4件目

国の文化審議会(宮田亮平会長)は11日、熱海市春日町の別荘「東山荘(とうざんそう)」など、新たに199件の建築物を国登録の文化財に登録するよう馳浩文部科学相に答申した。近日中に官報で告示する。市の国登録文化財は、観魚洞隧道(かんぎょどうずいどう)、平井家住宅主屋(ひらいけじゅうたくおもや)、旧南葵(なんき)文庫に続く4件目。
相模湾を望む高低差のある敷地に建つ東山荘は昭和8年に第一銀行頭取だった石井健吾氏が「清水組」(清水建設)に依頼して別荘用に建設した。登録されたのは本館のほか、離れ、別館、茶室、蔵、物置、正門の7棟。本館は全体に木柄が多く、数寄屋を加味した繊細な意匠を基調とし、東面は大きなガラス窓を立て、解放感をもたらせている。
昭和14年に山下汽船(三井商船)初代社長の山下亀三郎が譲り受け、別館などを増築。さらに昭和19年に岡田茂吉氏が取得して蔵を建てた。離れや別館、茶室はそれぞれ異なった趣向の数寄屋風意匠を凝らした建物群となっている。現在は、宗教法人・世界救世教が所有し、研修用などに使っている。近くに旧日向邸がある。

母屋庭 教祖石碑 明主窓1階数寄屋之間居間2 教祖の間IMG_8888ss (3)本館説明 風呂 石畳光明 テーブル タワー

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る