【観光】泉太鼓保存会の寄せ太鼓で開幕 姫の沢公園で「花まつり」

ツツジが山肌を赤く染めた姫の沢公園で「花まつり」(~5月8日)が29日開幕。熱海市の伝統芸能を引き継ぐ泉太鼓保存会のメンバー11人が勇壮な太鼓と笛の音を響かせ、まつりの始まりを告げた。演奏したのは早打ち、屋台ばやし、通り神楽、昇殿・神田丸、七丁目・鎌倉の5曲。多くの行楽客や市民が傘を手に聞き入った。公園は広さ108ヘクタールあり、6万株のツツジが植えられており、「ヒメノサワ」の赤い文字もほぼ満開。市民が寄せた鯉のぼりが41匹爽やかな風を受けて泳いでいる。
オープニングイベントでは、三田光行教育長、杉山利勝議長、藤曲敬宏県議が駆け付け、あいさつした。
まつりでは、期間中、スタンプラリー、楽焼体験、熱海囃子笛怜会の演奏、YAMATOさんのステージライブに加え、今年は話題のボルダリング(フリークライミング)も楽しめる。
問い合せ☎0557-83-5301姫の沢公園施設事務所
◆泉太鼓保存会 熱海市泉地区の郷土芸能を継承するため1980年に結成。湯山一高代表を中心に学生から社会人まで25人で構成。湯河原町の「やっさまつり」、地元の「鯉のぼりまつり」「湯かけまつり」、熱海市の「成人式」などで活躍。「ミス熱海・梅の女王」熊谷明日可さんも会員。

トップ 会場杉山客 藤曲 泉太鼓全員 IMG_2623ss IMG_2578ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る