【編集室】カルガモの赤ちゃん誕生、熱海梅園 今年はボディバードも出現

熱海梅園内で5月1日、カルガモのヒナが誕生した。昨年は5月から7月にかけて3組が出産したが、いずれもカラスの襲撃に遭い、ほとんど壊滅的状態だった。その苦い経験からか、子ガモたちはすぐに泳ぎだすのを控え、親鳥に寄り添うように緑の草木の下に身を潜めている。さらに今回はカルガモ夫妻のほかにボディガードならぬ”ボディバード”が出現、3羽で子育てを始めた。この学習能力の高さには公園を管理する同市公園整備課のスタッフも舌を巻いている。
本紙はこの日、出産直後のカルガモ母子を刺激しないよう遠くからそっと写真に収めた。そのため正確なヒナの数は分からないが、数羽いるのは確実。大型連休で熱海梅園を訪れる際は、細心の注意が望まれる。母ガモは天敵のカラスや野良猫にかなりナーバスになっている。
(熱海ネット新聞)

ヒナ

カルガモ母子

つがい

カルガモ夫妻

3羽

ボディバード

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る