【ゴルフ】渡邉彩香、絶好調 初メジャーVへ1打差の2位

◇今季国内4大大会第1戦ワールド・サロンパス・カップ第2日(6日、茨城GC(6605ヤード、パー72)
1打差の3位から出た渡邉彩香(22)=大東建託=は5バーディー、2ボギーの69で回り、首位に1打差の2位に浮上した。
同じ69で回ったフェービー・ヤオ(台湾)が通算7アンダーの137で首位を守った。66をマークした飯島茜が渡辺彩香、イ・ボミ(韓国)、世界ランキング3位のレキシー・トンプソン(米国)とともに1打差の2位。
藤田さいきが通算5アンダーの6位、三ケ島かな、若林舞衣子らが4アンダーで7位。宮里美香は17位、前週優勝の福嶋浩子は42位。5オーバーまでの66人が予選を通過し、大山志保は4打及ばなかった。

profile_woman

刺激があるから面白い。渡邉彩香は、トンプソンと同組だった予選ラウンドを振り返った。「いつもなら、ティーショットで置いていかれることはない。もう、これぐらいでいいかなぁと思っていたけど、レキシー(トンプソン)とプレーして、もっと飛距離を追究しなければいけない、と感じた。でも、意識したのは、それだけ。相手より、とにかく自分がしっかりとスコアを伸ばすことだけを考えていた」。今大会の渡邉は、いつも以上に威風堂々と映る。今季の目標の公式戦制覇へ向け、好位置をキープした。ミスをしてもきっちりと取り返す。5バーディー、2ボギーの内容も安定感が、これまでとは違う。一見、はたから見れば、とても元気そうに見えた。しかし…。「花粉症が今週、とてもひどい。恥ずかしい話だけど、下を向くと大変なんです」。ということで、もっぱら空を見上げながら移動していた。上を向いて歩く渡邉には、そんな事情が。これもまた、公式戦制覇に賭ける執念だった。
文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る