【花情報】風薫る5月、自生のフジが甘い香り 笹良ケ台バス停上の糸川起点付近

熱海市の笹良ケ台バス停上の糸川起点付近で、自生するフジの花が咲き誇り、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かうレジャー客を楽しませている。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、ゴルフ場へ向かう人たちは車の窓を開け放ち、フジのシャワーを視覚と嗅(きゅう)覚で味わえる。車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、今週末には最高の見ごろを迎える。

トップ 1 2 3ばすていIMG_0464ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-5-30

    【編集室】ブーゲンビリア「6月場所」開幕 熱海市街が赤や赤紫に染まる

    熱海市街で南米原産のブーゲンビリアが一斉に見ごろを迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタの花を咲かせた…
  2. 2017-5-30

    【お悔やみ】萩原アキさん(熱海市紅葉ガ丘町)5月27日死去

    萩原アキさん(はぎわら・あき)5月27日死去、97歳。熱海市紅葉ガ丘町7の11。通夜30日午後6時。…
  3. 2017-5-29

    【催しの案内】6月1日から「熱海梅園 ほたる観賞の夕べ」

    園内で育ててきたホタルを観賞する「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(熱海市観光協会主催)が6月1日…
  4. 2017-5-29

    【文化】小山臨海公園に魂の鼓動、響く 南あたみ和太鼓まつりに8団体

    海と公園の南あたみ文化祭実行委員会(網代おやじの会とNPO法人atamista)は5月28日…
ページ上部へ戻る