【花情報】風薫る5月、自生のフジが甘い香り 笹良ケ台バス停上の糸川起点付近

熱海市の笹良ケ台バス停上の糸川起点付近で、自生するフジの花が咲き誇り、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かうレジャー客を楽しませている。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、ゴルフ場へ向かう人たちは車の窓を開け放ち、フジのシャワーを視覚と嗅(きゅう)覚で味わえる。車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、今週末には最高の見ごろを迎える。

トップ 1 2 3ばすていIMG_0464ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る