【市政】斉藤市長と新規採用職員がランチミーティング

ロ

熱海市の斉藤栄市長と今年4月に新規採用された職員が昼食を共にしながら意見交換する「ラ­ンチミーティング」が10日、市役所の市長応接室で行われた。日ごろ市長とコミュニケーションをとる機会がほとんどない新入職員と市長が懇談することで、市長が掲げる「新生熱海」実現を目指した「日本でナンバー1の温泉観光地づくり」「住まうまち熱海づくり」「市民のための市役所づくり」を職員が理解するとともに、市長は新規採用職員の忌憚(きたん)のない意見を聞いて総合理解を深めるのが狙い。
7回目の今年は、仕事に支障がでる可能性のある消防、教職員等を除いた17人が市長とテーブルを囲み、レストラン宝亭のカツサンドを食べながら日頃感じている疑問や職場への提言などを発表した。

toニ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る