【編集室】永田町W選モード 勝俣孝明衆院議員、連日の熱海入り

安倍晋三首相が、7月10日投開票が予想される参院選に合わせて衆院を解散し、衆参ダブル選に踏み切る可能性が高まり、地元選出の勝俣孝明衆院議員が頻繁に熱海入りしている。22日の熱海JC創立60周年記念大会に続いて23日の自民党熱海市支部活動報告会で登壇した勝俣氏は「選挙は参議院だと思っていたら、きょうも国会におりますと、何やら解散しそうな雰囲気がぷんぷん。まだ選挙から1年半しかたっていないのに、えっ、また選挙なのという感じです」と笑いをとり、日ごとに姿を変える国会の様子を報告した。
年明けから「衆参W選挙は想定していた」という勝俣氏だが、永田町では4月に熊本地震が起き、今なお終息していなことから「消滅」の観測が広がっていたという。しかし、今国会会期末を迎え、民進、共産など野党4党が内閣不信任決議案の共同提出の動きが浮上。勝俣氏は熱海ネット新聞の取材に対し、「提出した場合、大義名分ができた、それならば国民に聞いてみよう」と安倍首相が衆院解散に踏み切り、衆参同日選になる可能性があるとの認識を示した。
一方、民進党の安住淳国対委員長は24日の会見で「内閣総辞職が目的だが、首相が衆参同日選を決断するなら受けて立つ」と強調。首相は伊勢志摩サミット後の今月30日以降の衆院解散の是非を表明するとみられるが、永田町の解散風は伊豆半島にもものすごい勢いで吹き込んでいる。

かつまだカツマタ徴収

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る