【市政】熱海市の「伊豆おはな」に認定書第1号 患者等搬送事業者

ninntei

熱海市消防本部は25日、株式会社「伊豆おはな」に「患者等搬送事業者」の認定証を交付した。身体障害者や高齢者、傷病者を病院や福祉施設へ送ったりする際に活躍する介護タクシーで、全国的に救急出動の需要が高まっている。
3年前から市内で介護タクシー事業を開始している河瀬豊代表は「救急車の搬送には至らない、寝たきりのお年寄りや、体の不自由な人やけがをなさった方々にサービスし、救急車を有効利用してほしい」と願い、患者搬送に乗り出すことを決意。河瀬代表、夫人で看護師の愛美さん、熱海市出身で元競輪選手の早川一郎さんの3人が昨年末から都内で事業認定に必要な応急手当などに関する講習を受講した。
この日、市消防本部の消防室で土屋千秋消防長から認定書を交付された後、2台の車両は三角巾や担架などの応急手当ての資機材を搭載し、営業を開始。通院や入退院でストレッチャーや車いすが必要な人などを市内外の施設へ送迎した。
県内では浜松市、静岡市、三島市、沼津市などで25社が認定を受けているが、熱海市では初めて。料金は一般のタクシーと同程度(ほかに介助料金)で利用できる。
同本部は「昨年、3235件あった救急車出動のうち、1621件は病院に行きたいが、移動手段がないという比較的緊急性の低いものだった。今後、事業者を知ってもらい、救急車の適正利用につながれば」と期待している。
問い合わせは同社☎0557-88-6010

irasutohutari4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る