【編集室】パラグライダー、山伏峠から長浜ビーチにランディング 

3
「南熱海お宿グルメフェスタ」を取材していた熱海市の長浜海岸で「パラグライダー」を見つけた。多賀湾から吹き上げる風を使って大空をゆったりと空中を遊泳し、砂浜に舞い降りた。四角いナイロンのパラシュートをたたむパイロットを羨望の眼差しで見つめていた人が、次々に駆け寄った。「どこから飛んで来たの?」「多賀の山伏峠です」。標高600メートル、伊豆スカイライン山伏峠にあるパラグライダースクール「パラフィールド」からのフライトだった。
パイロットは川崎市の会社員田中浩一さん(39)。休日を利用してバイクツーリングで熱海を訪れ、パラグライダーを満喫。飛行時間はおよそ5分。風の条件が良ければ、2000メートル近くまで上昇し、熱海サンビーチまで飛べるという。
しかし、苦労もあるようで装備は重量数キロの折り畳み用のパラグライダーだけ。帰りはリュックに収納し、バイクが待つ山伏峠まで歩いて戻って行った。田中さんによれば、熱海はパラグライダーが楽しめる首都圏に最も近い行楽地としてつとに人気が高いという。熱海市では今年4月、姫の沢公園で未舗装の山道を走るトレイルランニング大会が開催されたが、この2つをスポーツツーリズム事業に組み入れる観光協会も増えている。

トップ2 4

熱海市の長浜ビーチ(5月28日)

パラフィールド

パラグライダースクール「パラフィールド」のfbより

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熱海サンビーチ(5月8日)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-16

    熱海市でまた1人、新型コロナ感染 同じカラオケ飲食店利用の3人目

    静岡県は7月16日、熱海市に住む1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。熱海市のコロナ…
  2. 2020-7-16

    熱海サンビーチで「浜降り神事」 御鳳輦、天狗先導で海中を練る

    来宮神社例大祭は7月16日、規模を縮小して御神幸行列を行い、本年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う…
  3. 2020-7-16

    新型コロナ・感染拡大防止で参列限定 来宮神社例大祭厳かに

    来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭神事が厳かに執り行われた。今回は新型コロナウイル…
  4. 2020-7-15

    秘密裏に宮神輿渡御 鎌倉時代からの伝統引き継ぐ 来宮神社例大祭

    来宮神社の宮神輿(みこし)保存会(山田康夫会長)は7月15日、新型コロナウイルス感染防止のため、規…
ページ上部へ戻る