【天体】火星が地球に最接近、熱海でも「スーパーマーズ」観測

IMG_4955ss

地球の隣にある惑星、火星が31日、地球に最も近づいた。「スーパーマーズ」と呼ばれ、日本一の温泉観光地を目指す熱海市でも、南東の空に、赤く輝く火星が普段より明るく見えた。
国立天文台によると、太陽系で隣り合う火星と地球は、太陽の周りを回る周期の違いからおよそ2年2カ月に1回、接近する。ただ、地球の軌道がほぼ円形なのに対して、火星の軌道がだ円になっていることから、火星と地球との距離は、接近するたびに変わる。今回はおよそ7500万キロで、2005年11月以来の近さ。火星が大きく見える状態はあと1週間くらい続き、熱海市でも日没とともに南東の空に現れ、夜遅くには南の空に赤く光る様子が観測できる。
次に火星が地球に接近するのは、2年後の2018年7月31日。このときの地球との距離は、今回の4分の3となるおよそ5700万キロにまで迫り、火星の見かけの大きさは、今回と比べて直径がさらに1.3倍にもなる、まさに「大接近」になるという。
◆今回のスーパーマース 火星の明るさは1等星のおよそ15倍、地球から見える火星の見かけの大きさも、ことしの最も小さいときと比べて直径がおよそ3倍。
写真=5月31日午後11時過ぎ、熱海駅近くで撮影

IMG_4940ss2p

IMG_4932ss IMG_4932sspp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る