【天体】火星が地球に最接近、熱海でも「スーパーマーズ」観測

IMG_4955ss

地球の隣にある惑星、火星が31日、地球に最も近づいた。「スーパーマーズ」と呼ばれ、日本一の温泉観光地を目指す熱海市でも、南東の空に、赤く輝く火星が普段より明るく見えた。
国立天文台によると、太陽系で隣り合う火星と地球は、太陽の周りを回る周期の違いからおよそ2年2カ月に1回、接近する。ただ、地球の軌道がほぼ円形なのに対して、火星の軌道がだ円になっていることから、火星と地球との距離は、接近するたびに変わる。今回はおよそ7500万キロで、2005年11月以来の近さ。火星が大きく見える状態はあと1週間くらい続き、熱海市でも日没とともに南東の空に現れ、夜遅くには南の空に赤く光る様子が観測できる。
次に火星が地球に接近するのは、2年後の2018年7月31日。このときの地球との距離は、今回の4分の3となるおよそ5700万キロにまで迫り、火星の見かけの大きさは、今回と比べて直径がさらに1.3倍にもなる、まさに「大接近」になるという。
◆今回のスーパーマース 火星の明るさは1等星のおよそ15倍、地球から見える火星の見かけの大きさも、ことしの最も小さいときと比べて直径がおよそ3倍。
写真=5月31日午後11時過ぎ、熱海駅近くで撮影

IMG_4940ss2p

IMG_4932ss IMG_4932sspp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る