【花情報】梅雨入り、スイレンが美貌アップ、バラやウツキもいっそう可憐に

スイレン2 姫の沢公園でスイレンが見頃を迎え、梅雨入りで時折降る雨でより一層美しさを増している。スイレン池の水辺に浮かんだ10センチ前後の薄ピンクや白色の花に向かって、観光客らがカメラを構えたり、散歩中の市民らが足を止めたりして見入っている。
池には約150株植えられており、花は毎日開閉を繰り返す。公園管理事務所によると7月下旬まで楽しめるという。

ウツキ1うつき3

サラサウツギ、ウサギの耳のように可憐
公園ではサラサウツギが可愛らしい花を咲かせている。下向きにつく花の外側は薄紅色で、花の白とのコントラストがウサギの耳のように可憐。緑の葉の背後の山並みではホトトギスが軽やかに鳴き、夏が来たよと…。うっとうしい梅雨の季節に一服の清涼剤。
◇更紗空木(サラサウツギ) ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木。山野に生え、庭木としても利用される。

バラアーチサツキ

ようこそ、姫の沢へ バラのアーチがお出迎え
入口に設置されたバラのアーチをピンクや赤、白の花が彩っている。園内ではツツジに代わってサツキが山肌を染め、初夏の告げる花が次々に見頃に突入。東京、神奈川などから訪れる観光客や市民をバラのゲートが出迎えている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-16

    熱海市でまた1人、新型コロナ感染 同じカラオケ飲食店利用の3人目

    静岡県は7月16日、熱海市に住む1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。熱海市のコロナ…
  2. 2020-7-16

    熱海サンビーチで「浜降り神事」 御鳳輦、天狗先導で海中を練る

    来宮神社例大祭は7月16日、規模を縮小して御神幸行列を行い、本年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う…
  3. 2020-7-16

    新型コロナ・感染拡大防止で参列限定 来宮神社例大祭厳かに

    来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭神事が厳かに執り行われた。今回は新型コロナウイル…
  4. 2020-7-15

    秘密裏に宮神輿渡御 鎌倉時代からの伝統引き継ぐ 来宮神社例大祭

    来宮神社の宮神輿(みこし)保存会(山田康夫会長)は7月15日、新型コロナウイルス感染防止のため、規…
ページ上部へ戻る