【編集室】ジャカランダ遊歩道ライトアップ開始、竹細工のオブジェ設置も完了

ジャカ棒タテ
熱海市と市観光協会は8日夜、今週末から始まる「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2016」を前に、ジャカランダ遊歩道のライトアップと、竹細工のオブジェやイルミネーションを設置、プレ点灯を始めた。期間中の毎日(11~26日午後6時から同9時)、遊歩道をライトアップし、月明かりとともにLEDの光が幻想的な雰囲気を演出する。土・日曜(午前10時~午後3時)には、サンデッキで足湯や飲食の出店、フリーマーケットを開催する。
遊歩道周辺には約100本のジャカランダが植えられており、6月いっぱい昼夜ともに楽しめる。梅雨入りする6月の熱海は毎年、イベントの谷間となっていたが、同フェスティバルが創設されたことで新たな誘客に期待が高まっている。海外のリゾート地で人気の高いジャカランダは、日本では日南市をはじめ九州の一部で集積地があるものの、本州で街路樹として集積しているのは熱海市だけ。市と市内の観光経済団体が総力を挙げて新たな観光コンテンツの育成に心血を注いでいる。

アップ オブジェ ライト足元全体棒 あたみ ジャカランダ ふぇすた

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る