【編集室】ジャカランダ遊歩道ライトアップ開始、竹細工のオブジェ設置も完了

ジャカ棒タテ
熱海市と市観光協会は8日夜、今週末から始まる「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2016」を前に、ジャカランダ遊歩道のライトアップと、竹細工のオブジェやイルミネーションを設置、プレ点灯を始めた。期間中の毎日(11~26日午後6時から同9時)、遊歩道をライトアップし、月明かりとともにLEDの光が幻想的な雰囲気を演出する。土・日曜(午前10時~午後3時)には、サンデッキで足湯や飲食の出店、フリーマーケットを開催する。
遊歩道周辺には約100本のジャカランダが植えられており、6月いっぱい昼夜ともに楽しめる。梅雨入りする6月の熱海は毎年、イベントの谷間となっていたが、同フェスティバルが創設されたことで新たな誘客に期待が高まっている。海外のリゾート地で人気の高いジャカランダは、日本では日南市をはじめ九州の一部で集積地があるものの、本州で街路樹として集積しているのは熱海市だけ。市と市内の観光経済団体が総力を挙げて新たな観光コンテンツの育成に心血を注いでいる。

アップ オブジェ ライト足元全体棒 あたみ ジャカランダ ふぇすた

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る